医療事務などを学ぼう~通信講座でライセンスゲット~

PCを操作する女性

医療事務の仕事内容

医療事務の仕事内容

医療事務の仕事内容は、いくつもあります。その一つが、病院のカルテを管理する業務です。この管理業務は病院にとってとても必要としているお仕事です。カルテには患者の個人情報が含まれています。そのため、管理をしっかり行わないと、情報が漏れる場合があるのです。それを防ぐためにも、管理を行う必要があります。最近に行われている業務では、診療記録をチェックする事も行われています。またカルテに記入されている情報のデータ化も行っています。

秘書を担当することもある

医療事務は医局秘書も行なっています。この医局とは医師の待機場所の事をいいます。そんな医師の秘書としてサポートを行なっている方の事を医局秘書と呼びます。医師のスケジュールの管理や電話応対、書類の作成などの業務が行われています。秘書としての知識も必要ですが、担当診療科の専門的な知識も覚えておく必要があります。また、秘書は看護部秘書や院長秘書などの個人的な秘書としても活躍する場合があるのです。この他にも総合レセプト業務というものがあります。それは、病院を経営するのにとても大切な部分で業務を行う仕事です。患者さんに行われた所持方法や使われた薬などの、保険請求を行うという重要なものです。請求を行うにはレセプトを発行や作成を行います。当時は直接記入して作成などを行なっていましたが、最近では医療事務コンピューターが使われるようになりました。